ちょっと長めのTwitter

難しいことはあんまり書きません。ふと思ったことをアホ丸出しで書いてます。

メガネの度を合わせない2つの理由

 

毎年目が悪くなっている気がしている

気がしているというか、事実だ。でもちゃんと調べてないからわからない。

大学一年生の頃にメガネの度を変えて以来変えていない。

 

常に視界がぼやけていて、近づけば見える。

だからよく、女の子顔に近づいて

「ああ、○○子か、近づかないとわからないんだ」

ってうざいこともしてた。

もちろん冗談だし、イケメンしかやってはいけないことぐら知ってたけどしたくなってしまった。ごめんなさい。

 

視界がぼやけてると落ち着きます。これが一つ目の理由。

相手のことが見えていないっていう状況が、相手にも見られていないっていう状況に感じられて落ち着く。俺だけじゃないと思う。

全部ぼやけて、よくみえないから意識しなくなる。でも完全に見えなくなると怖いからちょっとだけよ。

 

もう一つは、毛が見えちゃうから。可愛いあの子の見たくない腕の毛、忙しかったのだろう少しだけ顔出している鼻毛、濃くなりだしている口周りの産毛。

俺は毛にやたら目がいく。もし生えてたとしても、少し視界がぼやけてしまえば見えない。

 

 

メガネをかけないと何も見えない。かけるとちょっと見える。ちょっと見えるくらいでちょうどいい。全部見えちゃうと疲れますよね。