ちょっと長めのTwitter

難しいことはあんまり書きません。ふと思ったことをアホ丸出しで書いてます。

コミュニケーション基本論とかさ 人見知り克服基礎とかさ

どうも、くろくろ(@kuroyorinokuro)です

 

人は人と話さなければいけませんね。

学校、バイト、コンビニで買い物、会社、美容室、ラーメン屋さんで麺の硬さ・味の濃さ…

 

でも話したくないなぁと感じる人も多いのは事実であって、最近特に顕著なのですかね。データなんか無いし、調べたわけでもなく、ただ思ったことを書いているだけなのでそんなに気にしないください。こいつアホだなぁって思いながら読んでみてください。

 

 

コミュ障という言葉がネットスラングの域を超えて使われるようになってから何年たったかはわかりませんが、この言葉の普及によって実際にコミュ障とされる人が多くなったと錯覚しているだけなのかもしれません。もしくは、コミュ障という言葉が普及し使いやすいことから気軽に自称する人が増えたのかもしれません。

 

人との付き合い方というモノは誰も教えてくれません。勉強は教えてくれますが、人間関係の構築に関しては体験するしかないですよね。

 

「ほれっ」

と知らない人の中に放り込まれてスタート。幼稚園・保育園・小学校・中学校…と毎回シャッフルされるわけで、その中で人間関係の構築方法・上手な接し方なんて変わってくる。前のやり方はだめで、その都度新たな方法を作らないといけない、なんてことはザラにある。それが苦手だという人はいて当たり前だと感じる。

クラスが変わって進学して、そのたびに触れる人が変わり、その中で一つでも失敗してしまうと気にしすぎ芸人の方々は気に病んでしまうよね。

 

就活の面接ではいまだにコミュニケーション能力に自信があると豪語する人がたくさんいる。そして、入社してコミュニケーション能力をさらに見つめなおす研修があるところもある。コミュニケーションって大人になってもよくわからない。別にそんなに気にしすぎなくてもいい気がする。こんなに難しいことを中学生・高校生がコミュ障だって自分を卑下しなくてもいいと思う。

 

コミュ力ってあれば他の人と大きく差をつけられる能力。だから面接でPRするわけであって、それほど大きな力は簡単につかない。

 

 

 

 

学校で教えてくれればいいのにね。

「個人での会話・集団での会話で○○はしてはいけません!」

「こういった話しかけ方で不快に思う方は少ないという統計が出ているので勇気をもって試してみましょう」

「相手の話をさえぎって話さず最後まで聞く。何でもかんでも論破しようとしない。議員さんみたいになります」

「自称ドsは嫌われます。すぐに、はいスベったーとか言わない。睡眠時間短い自慢はしない。」

 

こんなこと教えてくれたらいいのに。

最後のは関係ないけどさ。

 

とにかくコミュニケーションは難しい。大学の講義でやってくれたらうれしいよね。

難しいから面白いのかもしれない。

 

僕は昔いわゆるコミュ障だったけど、ちょっと変わりたいなぁと思ってこの問題に向き合ったら改善に向かった。まだ途中だけど。面白いと感じるようになって、怖くなくなってきた。

 

私はコミュ障だ。

そう思っている人も、もしかしたらコミュ力を隠し持っているかも。

以上、僕の戯言でした。