ちょっと長めのTwitter

難しいことはあんまり書きません。ふと思ったことをアホ丸出しで書いてます。

君たちはどう生きるか

お久しぶりです、5か月ぶりくらいの更新ですかね。

 

一時期結構このブログも続いていたのに…

 

 

今回は心境の変化が有ったので今すぐ記録に残そうと思った次第であります。

 

 

実は最近、転職活動に本腰を入れ始めました。

 

やっとかよ

 

 

まあなぜそんな気になったのか

 

そのきっかけの1つが「君たちはどう生きるか」を読んだからです。

 

 

今売れてますね

印税いくらなんだろう

遊び放題かな

 

やめよう、下品だ。

 

 

この作品とても心に刺さりました。

 

心に刺さる言葉って当たり前のことばかりなんですよね。

でも気付けていないことが多い。

 

わかってるよ!宿題やるよ!今からやるってば!

 

みたいな感覚ですかね、ちょっと違うか。

 

 

 

僕は新卒でそれなりの規模の企業に入り、希望に満ち溢れていましたがそんなに社会は甘くない。出鼻をくじかれ、立ち上がってもへし折られ、誰にも相談できず心が疲れてしまいました。

 

一度折れるとなかなか立ち上がれませんよね。働くのが怖くなっちゃうんですよね。

 

無意識的に線を引いてしまう。

 

まず行動を起こしてみようってポジティブシンキングが出来ないのです。

 

 

いろんな人にまず動いてみようと言われました。でも、動く前に勝手に自分で見切りをつけてしまう。

外食する時に、ネットのレビューを見すぎてどの店にも入れなくなってしまうかのように。

 

そんな時に「君たちはどう生きるか」を読みました。

作中で主人公が僕みたいに「今何をすればいいか」分からなくなってしまうのです。

 

痛いほどわかる。

 

そして、ある人に助けを求めます。

すると「もう何をすべきかわかっているはずだ」と言われるわけです。

 

これも痛いほどわかる。

 

そう。すべきことは「その時に一番したくないこと」「逃げようとしていることに向き合うこと」。わかっているのに現実逃避しているせいか、何をすればいいのかわからなくなってしまうのでしょうね。

 

「考えるな」「今できることをする」この二つ。これが大切なんです。

そのことに気付ける本です。どうしても行動する前に余計なことを考えてしまう。

その余計なことはほとんど足止めになるようなこと、行動しない言い訳ばかり…

 

 

そうか、俺は必要ないエネルギーを使っていたのか。

 

やっと前を向くことが出来ました。

 

前向くのがきつかったら斜め前でも、斜め後ろでもいいです。

 

 

ぜひ読んでみて欲しい。

 

 

俺も頑張ります。転職も、たまにブログも。

またね